永代経法要勤修 

 5月20日 (日 ) 14時~ 19時30分~ 永代経法要が勤まりました

日中60人弱 逮夜15人のお参り

講師 森直道 師 (甲賀市甲南町 厳浄寺)をお迎えして、法話を聞かせて頂きました

ざっとですがご紹介します

 他宗との違い 3つのポイント

 1,他力回向の信心

     自分からつかみにいく信心でなく、阿弥陀様から頂く信心 

 2,往生即成仏

    この世の縁がつきるとき仏になります 浄土に生まれて修行して仏になるのではありません

 3,現世生定聚

   間違いなく仏になることが決まった仲間になります

 どんなときになるかというと、 阿弥陀様のいわれを聞いて喜ぶ心がおこったとき

       「信心定まるとき 往生また定まるなり」

わかりやすい、楽しく聞けるお話で、若乃花と力道山の逸話もありました(^_^)

 

続きはお寺で

  

3回忌、7回忌のご縁に永代経懇志とお供えをいただいているので、お下がりをもらいます

毎年あげていただく方もあります

 永代供養と永代経法要は違います 一度あげたら終わりという事は浄土真宗ではありません

末永く子供や孫までもお念仏の教えが続くように勤めさせて頂くのが永代経法要でありご懇志です

世間でよく考えられている一度勤めたら終わりとは真逆の意味です

間違わないで下さいね

皆様ようこそのおまいりでした