浄教寺ができること

■初めてのことで何も分からないので、専門家に仏事相談したい!

■お寺との付き合いがなかったが、葬儀や法事を頼みたい。

■仕事や結婚で、故郷を離れてしまったが帰ってきて、お寺の本堂で法事をしたい。

■納骨の時にお経を読んで欲しい。

といったご要望にお応えします。

葬儀

臨終勤行(枕経・まくらきょう)

往生されたときにお参りをいたします。

通夜(夜とぎ・よとぎ)

生前の姿で迎える最後の夜。

葬儀

お別れの場でありながら、仏縁をいただく大切な儀式の場です。

火葬

火葬場に行って、火屋勤行を勤めます。

初七日

本来は、往生された日から一週間後に勤める法要です。

※葬儀と初七日を同日にされる方が多くなってきています。

法事

中陰(ちゅういん・七日七日のおまいり)

往生された日から数えて、一週間ごとに、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日(七七日は四十九日になります。)

四十九日法要 満中陰(俗称:忌明け・ひあけ)

百ヶ日法要

年忌法要

一周忌(いっしゅうき・往生された日からちょうど一年のことです。)

※以下からはまる2年のことを、三回忌。

まる6年のことを七回忌というように、プラス1年して数えます。

三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、

二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌

月参り

毎月のお参りです。

例えば、4月1日に往生された方なら、七日七日(なのかなのか)の中陰と、

四十九日法要(満中陰・忌明け・ひあけ)が終わってから、

毎月のお参りを始めます。

季節のお参り

お彼岸 春3月・秋9月

お盆 8月

8月13日~16日がお盆期間ですが、(地域によって異なります。)

浄教寺では、8月頭からお盆参りを始めています。10日ごろからがピークです。

 

質問・問い合わせ